• A・vail建設株式

TRETTIO ALUK建設⑦ 気密測定

更新日:2 日前



先日現在進行中のTRETTIOの気密検査を行いました!



「気密測定」とは住宅のスキマの面積を専用の機械を使って計算することです。

この計算によって割り出された気密性の値をC値と呼びます。

C値は0に近いほど理想とされ、C値=1.0㎠/㎡を切るくらいの住宅であれば気密性が良い住宅とされています。


今回のTRETTIO測定結果はなんと・・・・・


隙間相当面積【C値0.28㎠/㎡】


でした! 家の隙間は「隙間相当面積(C値)」で表されます。


∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴


詳しく説明すると・・・ 1㎡の面積あたりで、建物のすき間が0.28㎠のすき間があったということです。


∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴


たった0.28㎠のすき間しかなかったということです!

もちろんゼロに近づくほど、建物のすき間が少なくなり、

温めた空気などが逃げにくいということになります。

当然ですが暖房や冷房に使うエネルギー効率が上がるので光熱費が安くなります。




高気密、高断熱のスーパーウォール工法✨ オススメですよ🎵

ご相談は当店まで🎵

構造見学会のご予約もお待ちしております!